AGAの治療薬・薄毛に効く薬について全て教えます!

男性型脱毛症、AGAは、「はげの症状」を改善する、つまり病院での治療が必要です。治療ですから、薬が処方されます。AGA治療に効くと言われる薬は、現在、代表的なものが2種類あります。

AGA治療薬の代表「プロペシア」と「ミノキシジル」について

AGAの治療薬「プロペシア」と「ミノキシジル」について
AGA治療の薬・プロペシアとは

プロペシアは、まずどこのAGA病院でも処方される、代表的な治療薬です。AGAの原因として、男性ホルモンの一種と酵素の一種が結合すると発生する、別種のホルモンが挙げられます。プロペシアは、この種類のホルモン発生を抑制してくれます。髪の毛の成長が途中で止まり、抜けてしまうといった症状を改善してくれます。他に「フィナステリド」と呼ばれる事もあります。

→プロペシアの副作用
AGA治療の薬、プロペシアは多くの人に処方されています。副作用として有名なのが(そしてかなり、気になるのが)「性欲減退」です。男性としては、これはちょっと重要な問題です。また、この薬は、前立腺肥大の治療薬として開発されたものです。

その為、前立腺系の病気をしている人の使用は、基本的に控えた方が良いでしょう。副作用の可能性をきちんと知っておくのは大事ですが、実際の発症率は非常に低いので、あまり気にする必要もありません。

ところで、今、このサイトを見ている人は男性だとは思うのですが、念のため書いておきますが、女性はプロペシアを服用してはいけません。プロペシアは男性用の薬です。特に妊婦さんが万が一、誤って服用すると、胎児に影響があると言われています。

プロペシアを服用する男性で、既婚者や恋人がいる場合には、注意した方がいいですね。当然ながら、未成年、子どもの手に届かないように管理する事も重要です。

AGA治療の薬・ミノキシジルとは

ミノキシジルは高血圧の人向けに開発された薬です。血管を広げる作用があるのですが、この薬を服用した多くの人に増毛、発毛効果があった為に、現在ではAGA治療薬として、さらに研究がすすんで、発毛効果のある薬となりました。

→ミノキシジルの副作用
もともと高血圧の人向けの薬ですから、副作用というより、低血圧の人が使うと問題が起きるケースは心配されます。血圧を下げる作用があるので、低血圧の人が利用すると、さらに血圧が低くなるという危険性はあります。ちょっと「低血圧ぎみ」というのではなく、病院で血圧の治療を受けている人は、ミノキシジルを使う前に必ず医師に申告しましょう。

絶対に注意したいのが「薬の個人輸入」

プロペシアにせよ、ミノキシジルにせよ、発毛効果を実感する男性が多いのは事実です。ところが、専門のクリニックで処方してもらうと、それなりの費用がかかります。

そのせいか、最近では手軽に個人輸入できるので、自分で勝手に判断して、手に入れる人もいるようです。

しかし、薬の個人輸入は全くお勧めできません!

  • 本当にきちんと生成された薬である保証がない
  • 中には他の成分が交じった粗悪品もある
  • 症状に合わせた処方ができないので、効果が出づらい
  • 危険性や副作用をきちんと認識しないまま服用する危険性

薬は、一歩間違えて使うと、本当に生命にかかわる事も有り得るのです。いくら安いからといって、簡単に個人輸入に手を出してはいけません。

ハゲが治るどころか、体調不良や大きなトラブルになるかもしれません。しかも、個人輸入ですから、すべて自分の責任となります。

安く、正しい処方で、効果のあるAGA治療薬を手に入れるには

AGA治療の専門クリニックで、自分にあった処方の薬をもらう

これが、基本です。

AGA専門病院による薬の処方がベスト

発毛効果が最も期待できる薬を処方してくれるのが、AGA治療の病院です。

プロペシアやミノキシジルを処方してくれる、頭髪治療専門クリニックの費用は、

  • 一般病院 5,000円前後~10,000円
  • AGA専門病院 10,000円~30,000円前後

この辺りが相場でしょう。一般病院での処方でも、もちろん安心ですが、ただし、個人差のある「ハゲの症状」にあわせて、処方してもらえるかどうかは、少々疑問が残ります。というのも、一般病院では主に皮膚科での対応となりますが、普通の皮膚科医でAGA治療に詳しいという人はあまりいないからです。

いっぽうで、AGA専門病院なら、症例を多く知っており、それぞれにマッチした、必要な量の、効果がある組合わせで、薬の処方をしてくれるでしょう。ただし、その分、検査なども精密になり、どうしても費用が高くなる傾向はあります。

日本でいち早く「AGA治療」に乗り出し、実績が非常に豊富な病院として「ヘアメディカル」が有名です。

ヘアメディカルのAGA治療法と薬の処方をオススメする理由4つ

(1)600パターン以上の処方実績
個人に合わせた処方は、600種類以上。画一的に、「はい、抜毛ね、プロペシア1ヶ月分」といった、単純な処方はありません。最初のカウンセリング、医師の診察、そして、血液検査や遺伝子検査、男性ホルモンに対する感受性をチェックする検査など、いくつもの検査を行ってくれます。基本となる処方パターンでさえ、600種類以上ある実績が、信頼できますね。

(2)豊富な治療経験による「適切な処方の判断」
16年以上の治療実績があるのが、ヘアメディカルです。150万人からの治療経験の蓄積が、ヘアメディカル独自の強みです。ドクターが経験と症例を重ねて、最終的な処方の判断をしてくれます。ですから、ピンポイントで、「その人個人にあった成分比率」オーダーメイド薬の処方をしてくれます。

さらに、プロペシアとミノキシジルの効果がより高まるように、体調や体質にあわせたサプリメントの処方もしてくれます。だから、他のAGA治療病院よりも、確実に「髪の毛が生えてくる」のです。

(3)基本治療を中心に良心的な治療費
最も基本的なプロペシアの処方をもとにした「抜毛治療」なら、11,000円から、です。これはかなり良心的な治療費です。この中に、処方箋と薬も含まれています。また、ヘアメディカルならではの「積極的発毛治療」でも、ホルモン検査などを含めた治療、薬の処方で、15,000円から30,000円前後です。

3万円と聞くと高い印象ですが、AGA治療専門の病院ですと、様々な頭皮ケアや治療を行い、毎回5万程度、治療費がかかる所も珍しくありません。ヘアメディカルが多くの人から、評価を得ているのは、この「治療費と治療内容」のバランスの良さにあります。

(4)生活習慣の改善を目的とした治療を行ってくれる
プロペシアなどの薬は、治療薬として非常に有効です。でも、それだけでなく、根本的に体調管理を維持し、抜毛対策、薄毛治療として、食生活から睡眠やストレスにまで、医師やスタッフのカウンセリングで対応してくれます。ハゲ、は、残念ながら、そのまま放っておけば、進行していきます。生え際の後退は、そのままにしていると、どんどんと後ろへ後ろへと広がります。この辺は、実際に薄毛の人は切実に感じているのではないでしょうか。頭頂部の髪の毛が薄くなり、地肌が見えて来る範囲が徐々に増えて来るときの不安感も、同じ事です。

ヘアメディカルでは、ハゲが進行する不安や、日常生活のストレスへの対応、さらに髪の毛だけでなく、健康な体を保ち、抜毛予防に効果があるように、総合的に「AGA治療」を行ってくれます。

AGA治療という言葉だけに騙されてはいけない!

そして、中には、「ハゲをなんとか治したい」という男性の切実な願いを逆手にとって、ムダに高い料金をつけたり、必要のない健康食品や薬、治療などで高額な費用をとる所もある事を忘れてはいけません。

最近になって、特に注目されている「AGA」という言葉。このキーワードで男性の不安感をあおりながら、高額な治療や、薬の処方をする病院が、実際に残念ながらあるようです。処方する薬のような説明をしながら、どこにでもある栄養剤やサプリメントを出すクリニックの体験談を、見かけた事があります。そこまで悪質でなくても、男性美容外科として、全く関係のない治療を勧める医師や病院があるという口コミも目立ちます。

きちんとした実績を持つ病院を選び、自分のハゲの症状に合わせた、適切な薬の処方をしてくれる医師と信頼関係を結ぶこと。これが、AGA治療の最もベストなスタイルです。

市販されている育毛剤で処方される薬と同じ効果のものはある?

これは、実はよく効かれる質問なんです。誰でも病院へ通うのは面倒なものです。また、最初の数回通い、それなりの発毛効果が出てくると、特にどこが痛いといった病気でもないですから、「同じような効果のある薬や育毛剤が市販で手に入るなら、そっちでも充分」と思うのは、わからないでもありません。

ちなみに、プロペシアは、市販されていません。個人輸入なら有り得るかもしれませんが、これは正式なルートによる薬の処方ではありません。

  • 育毛サロンは医療機関ではないので、薬の処方はない
  • 高級育毛剤などはミノキシジル配合もあるが、少量である

AGA専門病院で処方されるような、効果が期待できるだけの薬は、今現在、流通して市販されていないのが現状です。

育毛剤や発毛シャンプー、スカルプケア製品などは、補助的に使うのなら、より効果を高めるものとして有効なものもあるでしょう。

ただ、実際にAGA専門病院で治療を受けず、やみくもに、こうした製品を使っても、発毛効果はほとんど期待できません。

AGA処方薬と服用後の経過について

(ヘアメディカル通院歴8ヶ月/Kさん/男性/33歳)

1ヶ月:丁寧なカウンセリングに好感を持った。血液検査の結果はすぐにはわからないとの事だったが、その場で薬が処方されず、きちんと検査結果を見てから、と言われて、逆に信頼できると感じた。1週間後に来院。ここで男性ホルモンの数値などの説明があり、初めて薬を処方された。その日から、薬を服用したが、約1ヶ月の間では、特に大きな変化は感じなかった。(Kさん談)

  • 処方薬:プロペシア ミノキシジル

AGAの処方薬、プロペシアやミノキシジルは即効性はありません。飲んで翌日に髪の毛が生えてくるわけではありません。1ヶ月の服用では、特に発毛したという実感よりも、多少、髪質がしっかりしてきたかも、といった漠然とした感じ方をする男性が多いようです。

2ヶ月:2度目の診察を受ける。初回は2時間以上かかったが、再診はそこまで時間はかからなかった。毎回、頭の部分を撮影するが、これで経過観察をするそう。発毛というより、シャワーを浴びた後に「抜毛が少なくなった」とは感じた。前は、生え際が日に日に後退しているように思えたが、言われてみると、後退がおさまり、若干ながら細い、ふわふわした毛が生えてきているような感じもした。(Kさん談)

・抜毛が減った、という口コミが出てくるのが、2ヶ月目以降ですね。抜毛が減る、というのは、実は「はげ」の治療では重要なポイントです。これ以上、ハゲがすすまなくなるのは、治療の第一歩だからです。

3ヶ月:生え際と頭頂部のハゲだが、特に生え際は毎日鏡で見やすいせいもあるのか、3ヶ月たつと、明らかに発毛しているのがわかった。気づいた時には、一瞬、ガッツポーズする程嬉しかった(笑)M字型ハゲだが、Mのハゲ部分に確実に毛が生えてきて、埋まっていくような感じ。(Kさん談)

・3ヶ月目に入ると、抜毛が減ったために「なんだか、毛が増えているような気もしてきた」と受け止める人が増えてきます。実際に、増毛効果を感じる人も出てきます。だいたい3ヶ月目で「薬の効果を感じた」という評価が一気に増えてくるようですね。

6ヶ月:毎月1回の通院中だが、毎回、きちんと医師から説明があるので安心する。3ヶ月目の時にミネラル検査を実施してもらい、それにあわせて、必要なサプリメントも飲用。食生活のアドバイスは、かなり細かく教えてもらい、なるべく実践するよう心がけた。半年たった今では、M字ハゲはほとんど治って、しっかり普通に前髪が生えている状態に。頭頂部のハゲが、多少地肌が見える部分がまだ残っているが、この程度なら、他の人が見ても「ハゲ」と言われる事はない程度。あと数ヶ月治療を行えば、すっかりハゲともおさらばだな、と思っている。(Kさん談)

・ハゲの中心部分や、特に気になる生え際、といった部分は、髪の毛がない、極端に少ないだけに、増毛や発毛効果は感じやすい部位です。半年を過ぎると、他の部分、髪の毛全体が増えてきたとか、写真を撮影すると、明らかに前とは違って見えるという、「目に見える効果」がハッキリとしてくる人が多くなります。

・1年経過~ ここで、ひとつの区切りを感じる人が出てきます。AGA治療は5年も10年も行うものではありません。一般的には半年から1年程度、あるいはその後、また経過を見て、通院するといった感じです。

治療期間中、または1年経過後、フサフサと髪の毛が伸びて満足する人もいれば、停滞する場合もないわけではありません。髪の毛の増え方というのは、自分の感じ方によっても違いがあるので、前向きな人は「うわ、ハゲが治った!髪の毛が生えた!」と期待感を持つ事ができますが、中には「確かに発毛したけど、まだちょっと、他の人と比べたら、薄いかも……」と悩みが解消しない人もたまにいるようです。これは、正直に言って「気持ちの持ちよう」ですね。

いずれにしても、AGA、ハゲを治すには、薬による治療が最も効果的です。良心的な治療費用と発毛実績に定評のある「ヘアメディカル」は、無料カウンセリングを行っているので、まずはそこで相談してみるのが良いのではないでしょうか。

記事一覧